☆お知らせ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒炒り玄米茶

2014年1月22日(水)

念願の、黒炒り玄米茶づくり。
レシピは、若杉友子さんの本…のを又聞きで(笑)
先日、京都や奈良でContent Cuisineという穀物主体の料理教室をされてる坂本亜紗子ちゃん先生が、一足先に我が家の籾米で作ったのをおすそ分けしてくれて、そのおいしさに感激。
わたしはそれまで黒炒り玄米茶などというものを知らなかったのですが…玄米(できれば籾つき)を土鍋で弱火でじーっくり、最後は強火で真っ黒に炒りあげたものを、煎じて飲みます。起源は中国のようで、日本でも江戸時代、いろんなものを炭化させたものを「黒焼き」として摂る民間療法があったみたいです。黒煎り玄米茶は、体を温める、毒素排出、免疫力アップ、などの効果があると言われています。科学的に研究もされているみたいですが、なんとなく効きそう!でよいかと。。この「なんとなく」はバカにできないですよ。マユツバという意味ではありません。先人たちは身体の声を聞いて、そのなんとなくを積み重ねてきたのだろうということです。ゆるやかに効くものを日々取り入れるのが、体にはいいんだろうな、と思います。
ともかく、我が子をおんぶし、夫が畑から一時帰宅する時間に合わせてスタートです。先生によると、3時間はかかるとのことです。その間まぜつづけるのですが、果たして息子と私の体力がもつか…。
土鍋に籾米を4合、380g入れました(完成時には290gになってました)。木べらで右回りにかき混ぜながら(エネルギーが集まるとか?このへんは正直よく分からないですが地球の自転と関係あるかなー)、弱火で2時間ほど…徐々に土鍋があったまり、稲のいい匂いがしてきます。

本によると少し色がついてきたら中火に、とありますが、よくわからなかったので(汗)、土鍋と籾米全体が十分に熱くなったな、と思ったら中火にして1時間、今度は香ばしい色と匂いに変わっていきます。



そしてまたまた本によると最後は強火にして煙を出し、米の油を飛ばします(2分以内)!とありますが、最後がどこかわからないので(汗)、ちょっと煙が出てきて、若干籾米が土鍋にこびりつく感じがあって限界かなーというタイミングで、強火にしました!煙がモクモクーー!

火からおろし、団子にならないように混ぜ続け、5分くらいで落ち着いてきたら完成です。全部で3時間半くらいかかりました。


そうそう、最初は外でやっていたのですが、あまりに寒くてブルブル&土鍋がなかなかあったまらないのと、カセットコンロの火力に不安があったため、亜紗子先生の助言を無視して、早々に引き揚げて室内でやりました…。案の定モクモクになりましたが、なんとかいける範囲かも??
初めてにしてはうまくいったかな~。最後は息子も長い昼寝から目覚め、父ちゃんに抱っこされながらモクモクを見守ってくれました!
黒煎り玄米茶は、水2リットルに1カップを土鍋に入れて15分煮出した一番煎じを体調の悪い時に、普段はそこにさらに二番煎じを1リットル足して飲むとありますが…ちょっともったいないのでもう少し薄めでさらに三番煎じも足して飲んでます…。子供達にはさらに薄めにしてあげてますが、美味しいようでガブガブ飲んでます。
濃い一番煎じに、おろし生姜と醤油、梅干しを入れて飲むと体調が悪いときによいそうです。これも美味しくてからだがあったまります。
3時間ぶっ通しのおんぶでの作業、肩も腰もバキバキ、足は冷え冷え、バッチリ風邪気味です…(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

トントロリ

Author:トントロリ
息子の誕生を機に食の安全に目覚め夫婦で脱サラ。1年の有機農家での修業の後,2011年春に新規就農。現在,約5反の農地を借り受け,害虫手潰しと草刈りに追われる毎日。
・水呑百姓 (36): 東京の某国立大で農学博士号を修得後,某国立研究所で研究員を務めたが,農学を志した原点に立ち返って百姓の道を選択。
・かわいい嫁(32): 同農学部を卒業後,医薬系企業に就職したが,夫に捕まり百姓の道へ。東京のオフィス街を闊歩するOLからの華麗なる転身。岩手県出身。
・あととりむすこ (2): 2歳1ヶ月にして野菜とミニカーの名前を言い当てる健康児。しかし,土が手に付くのを嫌がる繊細さも。。。これからの成長に期待☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
作物ごとのお話

さつまいも 温床づくり  ズッキーニ セロリ チンゲン菜 芽キャベツ ホウレンソウ トウガラシ シソ ブロッコリー 小松菜 ニンニク お客様アンケート 鶏舎 募集要項 きのこ じゃがいも セット 白菜 空心菜 あずき ルッコラ 

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。