☆お知らせ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くず湯

2012年11月29日

くず湯。
最近長男がウイルス性腸炎でほとんど食べれなかったとき、主人のおばが天極堂さんの「ゆず葛湯」をくれました。
わたしが子供の頃は、くず湯なんてなんかもたっとして食べなかったんですが、これが息子にはピタッときたみたいで、それ以来お気に入りです。
付き合って食べてたら、親のわたしもすっかりハマってます。
んで、ゆずのやつ(熱湯をいれてねりねりするだけの粉状のもの)がなくなったので、以前もらったけどもったいなくて使ってなかった吉野本葛粉に、自家製の生姜シロップを入れてくず湯を作ってたんですが、子供にはちょっと辛いな~なんて思っててひらめきました。
本葛粉をりんごジュースでといて、電子レンジでチン。ぐるぐるまぜて、またチーン。透明感と粘りが出たら、出来上がりです。
これが大ヒットだったようで(まありんごジュースが好きなら当たり前なのですが…)あまりのおいしさに、息子は無言…。チビチビいきすぎて、食べ終わる頃にはすっかり冷めきっているという( ;´Д`)
日頃からおかしはひとつだけ、とか、何かにつけてどっちかだけ、を親が連呼してるので、きのうなんかカステラを差し出したら、「がまんする!」と言って、くず湯を要求しました(^^;;
くず湯って身体があったまるし、のどのイガイガがとれたり、なるほど昔の人はすごいなあと思わせてくれました。葛粉と安い片栗粉は似て非なるものだけど、葛粉はなんたって高いし…今度は片栗粉でも作ってみようかなぁと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

トントロリ

Author:トントロリ
息子の誕生を機に食の安全に目覚め夫婦で脱サラ。1年の有機農家での修業の後,2011年春に新規就農。現在,約5反の農地を借り受け,害虫手潰しと草刈りに追われる毎日。
・水呑百姓 (36): 東京の某国立大で農学博士号を修得後,某国立研究所で研究員を務めたが,農学を志した原点に立ち返って百姓の道を選択。
・かわいい嫁(32): 同農学部を卒業後,医薬系企業に就職したが,夫に捕まり百姓の道へ。東京のオフィス街を闊歩するOLからの華麗なる転身。岩手県出身。
・あととりむすこ (2): 2歳1ヶ月にして野菜とミニカーの名前を言い当てる健康児。しかし,土が手に付くのを嫌がる繊細さも。。。これからの成長に期待☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
作物ごとのお話

さつまいも 温床づくり  ズッキーニ セロリ チンゲン菜 芽キャベツ ホウレンソウ トウガラシ シソ ブロッコリー 小松菜 ニンニク お客様アンケート 鶏舎 募集要項 きのこ じゃがいも セット 白菜 空心菜 あずき ルッコラ 

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。